上中里「浅野屋」 酒の肴が充実の安くて美味しいお蕎麦屋さん

 訪問日 令和2年1月18日 土曜日


 今回のベストショット


もつ煮の具.jpg


 でっつ‼(爆)  ( ´ ▽ ` )ノ


 この日は歴史研究家沼田先生と一緒に、「立ち飲み いこい 上中里店」「山田屋」と2軒ハシゴした 愛の戦士 こうめタン。。。(その時の記事①)(その時の記事②)

 さて、この後は最初の予定通り「浅野屋」に行って、蕎麦前を楽しむことにしましたよ。


 お店の場所はJR京浜東北線の上中里駅から3分程のところですね。


 この日は午後7時ジャストに到着。。。


浅野屋.jpg

 ここは1958年(昭和33年)創業の老舗のおそば屋さんで、神田にある「浅野屋 本店」の暖簾分け店になるそうです。

 ネットで調べてみると、本店は1872年(明治5年)創業と、かなり歴史のあるお店みたい。

 老舗のお店のわりに建物が新しいのは、建て替えたからなんでしょうね。



浅野屋の店内.jpg

 店内は如何にも和食屋さんらしく、清潔感があり、とても綺麗ですよ。

 BGMにジャズを流すところなんかも、今時のお蕎麦屋さんらく感じます。

 席はカウンター席とテーブル席があり、20人程座れるのかな。



 沼田先生 キミ、ここでも、「お疲れちゃ~ん」とかいうのやるんじゃないだろうね?

 こ う め ええ、ファンが期待しているのでやります(笑)

 沼田先生 ・・・ (-_-;)



 ではでは、いつもの・・・


 お疲れちゃ~ん‼  ∀(≧∇≦)


浅野屋で乾杯.jpg
博多の華(420円)+そば湯割り(50円)

 そば焼酎をそば湯で割って貰いました。

 蕎麦の香りがほんのりと良いですねぇ。

 あっ、ここ、ホッピーはありません。(ホッピーミーナ、ちょっとガッカリ。。。)



切り干し大根.jpg
お通し

 お通しは切り干し大根。。。

 油揚げと人参入りでつ。

 さすがお蕎麦屋さんだけあって、だし感が強くて美味しいぃ~♪



もつ煮.jpg
自家製 もつ煮(530円)

 土鍋でグツグツ沸騰した状態で運ばれて来ました。

 見た目は完全に鍋料理ですな。  ( ̄  ̄)b



もつ煮の具.jpg

 具は、シロ、豆腐、大根、人参、ゴボウといろいろ入っています。

 味は味噌味で、もつ煮というより味噌汁の延長線という感じ。

 メインのシロはクセが無く、仕事の丁寧さが伺えますね。



舞茸の天ぷら.jpg
舞茸の天ぷら(550円)

 大きな舞茸が4個にカボチャが1個付いてボリューム満点!! ヾ( ´ー`)/

 衣はサクサク。油っこくありません。

 天つゆが付いていますが、これは塩の方が美味しいかな。

 でも、これで550円は安い。



ねこの気分.jpg
ねこの気分(厚切り鰹節の燻製)320円

 厚切りの鰹節はしっとりとして、風味もあり、かなり美味しいでつ。

 ただ、燻製臭はあまり感じないですね。

 これを食べて、少しだけ猫の気持ちが分かった気がします(笑) (* ̄∇ ̄*) エヘヘ



もり.jpg
もり(600円)

 そして、〆はお蕎麦!!  (>▽<)b OK!!

 手打ちではなく機械打ちみたいですが、自家製麺であることは間違いありません。

 蕎麦は細目で腰があり、香りも喉越しも良いでつ。



もり蕎麦のアップ.jpg

 また、蕎麦の表面には蕎麦殻の粒々も見受けられます。

 おつゆはやや濃いめで返しがキリリと利いたタイプ。

 鰹だしもしっかり出ています。

 甘さも私にはちょうど良いですね。



そば湯.jpg

 最後はそば湯をいただいて〆。。。

 だしが利いているので、そば湯で割ってもだし感が損なわれません。


 いやぁ~、町蕎麦屋でありながら、本格手打ち蕎麦屋に負けていないですよ。

 こういうお店、近所に欲しいですねぇ~

 ◆今回紹介したお店の情報(地図)

浅野屋 | ぐるなび

関連ランキング:そば(蕎麦) | 上中里駅梶原駅荒川車庫前駅