早稲田「キッチン オトボケ」 学生街に佇むコスパの良い洋食屋でカツカレー

 訪問日 令和元年12月27日 金曜日


 今回のベストショット


カツカレーのアップ.jpg


 でっつ‼(爆)  ( ´ ▽ ` )ノ


 この日は早稲田大学の近くまで来ており、お昼は学生に人気のある洋食屋「キッチン オトボケ」に行くことにしましたよ。

 普段の平日のランチ時は学生で混んでいますが、この時期、すでに学生は冬休みに入っているので、空いているだろうと見込んでの訪問でつ。


 お店の場所は東京メトロ東西線の早稲田駅から1分程のところですよ。

 この近辺には、美味しいソースカツ丼の専門店「奏す庵」、学生の胃袋を満たすコスパの良い洋食屋「キッチン ミキ」、焼鳥の名店中の名店「焼鳥 はちまん」、コスパ抜群の人気のビストロ「モンテ」なんかもあります。


 この日は午後1時16分に到着。。。


キッチン オトボケ.jpg

 先程も書きましたが、早稲田大学に近い洋食屋でつ。

 創業は1973年(昭和48年)だそうですから、開店からすでに47年経つわけですね。

 でも、外観は簡素な感じで老舗の持つどっしりとした重さは感じません。



キッチン オトボケのアップ.jpg

 店内も簡素というか機能的な席の配置が施されております。

 どこかファーストフード店のような雰囲気でもあるかな。

 店員さんはほとんどが中国系の方々。。。

 お客さんは意外にも学生が多いですな。サークル活動かなんかで出て来ているのかなぁ~



キッチン オトボケの券売機.jpg

 注文は券売機にて食券を購入するシステム。

 メニュー数はそう多くはないですが、基本的な洋食メニューは揃っていますね。


 さて、本日のご注文は「カツカレー」です


カツカレー.jpg
カツカレー(630円)

 今時、630円でカツカレーが食べられるって嬉しいですよ。

 しかも、お味噌汁も付いている。



カツカレーのアップ.jpg

 ここは基本的にご飯の量が多いので、今回は普通盛りにしました。

 普通盛りでも他店の大盛りくらいはありますね。



カレーのルー.jpg

 カレーは昔ながらのジャパニーズカレー!!

 小麦粉多めのルーで粘度が高い系でつ。  ( ̄  ̄)b

 辛さはあまりなく、具は玉ねぎのみ。

 けっこう昔ながらのカレーって、現代の味にマッチしていない場合が多いけど、ここのカレーは美味しいんですよねぇ。



カツカレーのかつ.jpg

 カツは作り置きではなく揚げ立て。

 衣はカリッとサクサクだけど、やや固めかな。



トンカツの断面.jpg

 肉自体は薄いですが、630円という値段を考えたら立派な物ですよ。

 でも、カツの面積は広いでつ(笑)  (^_^; アハハ…



ソースをかけたトンカツ.jpg

 で、やっぱり、ソースをかけちゃう♪ かけちゃう♪  ヾ( ´ー`)/



無料のたくあん.jpg

 テーブルの上にはね。サービスの沢庵なんかがあったりもします。



福神漬けとたくあん.jpg

 で、「カレーに沢庵なんか合うのか?」と思いつつも無料なので乗っけちゃいます(笑)

 これも貧乏の性(さが)ってヤツでつ(笑)  (^_^; アハハ…

 ちなみに、福神漬けは最初からトッピングされておりました。



お味噌汁.jpg

 630円でお味噌汁付き!!

 具はわかめだけですが、付いているだけで良いんですよ。


 いやぁ~、美味しゅうございました。

 今度は大盛りをいただきたいと思います。

 ◆今回紹介したお店の情報(地図)

キッチン オトボケ | ぐるなび

関連ランキング:定食・食堂 | 早稲田駅(メトロ)早稲田駅(都電)若松河田駅