王子「半平」 真昼間からお酒が飲める王子のランドマーク的な酒場

 訪問日 令和元年11月23日 土曜日


 今回のベストショット


肉とうふ.jpg


 でっつ‼(爆)  ( ´ ▽ ` )ノ


 この日は歴史研究家沼田先生と一緒に、肉豆腐が美味しい居酒屋「半平」に行くことになりましたよ。


 お店の場所はJR京浜東北線の王子駅から2分程のところですね。

 この近辺には、渋いコの字型カウンターが魅力の昭和な酒場「大衆酒場 宝泉」、王子を代表する古典酒場「山田屋」、100種類くらいメニューがある美味しいパスタ屋さん「そふりっと」、ボリュームのあるセットが魅力の洋食屋「キッチン ハマダ」なんかもあります。


 この日は午後3時2分に到着。。。


歩道橋から見た半平.jpg

 駅前の歩道橋から見た半平なんですが、ご覧の通り、駅の真ん前でつ。



半平.jpg

 1947年(昭和22年)の創業なので、今年で72年目になります。

 ここは王子のランドマーク的な酒場で、なんと、昼の11時から呑むことが出来るんですよ。



半平の店内.jpg

 店内はわりと広く、テーブル席の他にカウンター席と小上がりも用意されています。

 たぶん、60人は入れるんじゃないかなぁ~



 沼田先生 キミ、また、あの「お疲れちゃ~ん」とかいうのやるんじゃないだろうね?

 こ う め ええ、ファンが期待しているものでやります(笑)

 沼田先生 ・・・ (-_-;)



 ではでは、いつもの・・・


 お疲れちゃ~ん‼  ∀(≧∇≦)


半平で乾杯.jpg

 ここ、ホッピーもあるけどビールでいいや。(ホッピーミーナ、大激怒!!)



キリンラガー.jpg
キリンラガー(750円)

 瓶ビールも遂に700円越えの世界になって来ましたねぇ。

 もう、庶民の飲み物じゃないかも・・・。  (T_T)



半平 玉子焼.jpg
半平 玉子焼(1人前 389円)

 実はここ、玉子焼きが有名なんですよ。

 出来立ての為か、まだ、温かいでつ。

 味はまるでスイーツのように甘く、しっとりフワッと。。。

 一緒に付いて来る出汁入りの紅葉おろしで食べても美味しいっス。



豚もつ煮込み.jpg
豚もつ煮込み(600円)

 具は、シロ、ガツ、ゴボウ、こんにゃくという構成。。。

 味噌仕立てになっていて、やや濃いめの味付けになっています。

 モツ(シロ、ガツ)は臭みもクセもなく新鮮ですね。



モツのアップ.jpg

 一見、値段のわりにしょぼく見えますが、ご覧のようにスープの下にはモツがどっさり!!



 ここで、ホッピーにチェ~ンジ‼

(* ̄ー ̄)ノ彡☆ ピッ!


黒ホッピー.jpg
ホッピー(黒) 420円

 やはり、もつ煮と言ったらホッピーですよ。(ホッピーミーナ、大喜び♪)



辛苦無.jpg
辛苦無(5本 370円)

 これは難しい漢字ですが、「からくない」と読みます。

 手羽中の唐揚げに醤油だれをまぶしたお料理で、カリッと揚げ立て!!

 名前は辛苦無(からくない)ですが、けっこう辛いでつ(笑) (^_^; アハハ…


 
豚太刀.jpg
豚太刀(1太刀 399円)

 豚肉を金串に巻きつけて刀に見立てたお料理ですね。

 金串はバーベキュー用なので、普通の焼きとんの2倍のボリュームがあります。

 たれは甘辛いゴマだれ。。。



豚太刀の専用器具.jpg

 そして、なんと、肉を金串から外す専用器具が付いているんですよ。

 これ、たぶん、特注品でしょうね(笑)  f^_^;



ホッピーのナカ.jpg
なか(200円)

 なか(焼酎)を注文すると、グラスに約半分ほどの量が注がれて来ます。

 ホッピー1瓶で3杯取れる感じかな。



肉とうふ.jpg
肉とうふ(豚) 700円

 肉とうふと謳っていますが、豚肉版のすき焼きですね。

 具は、豚バラ肉、豆腐、玉ねぎ、春菊、糸こんにゃく。

 味付けは割り下なので、すき焼きの味その物でつ。

 ただ、かなり底が浅い鉄鍋なのが少し残念かな。。。


 いやぁ~、食べたい物がまだまだたくさんありますが、今回はこの位にして次のお店に移動します。

 ◆今回紹介したお店の情報(地図)

半平 | ぐるなび

関連ランキング:居酒屋 | 王子駅前駅王子駅飛鳥山駅