北浦和「喜久」 ワンタン麺が人気のボリュームある町中華

 訪問日 令和元年10月18日 金曜日


 今回のベストショット


海老ワンタン麺.JPG


 でっつ‼(爆)  ( ´ ▽ ` )ノ


 この日は用事があり北浦和に来ております。

 で、知らない土地だとランチを食べるお店を探すのに苦労するのですが、この日は最初から町中華の「喜久」と決めておりました。

 今回はちゃんと前の晩から調べておいたのでつ。  f^_^;

 備えあれば憂いなしですな(笑)


 お店の場所はJR京浜東北線の北浦和駅西口から11分程のところですね。

 この近辺には、さいたま市でナンバー1のもつ焼き屋「丸新」、ムチャクチャ評価の高いラーメン屋「中華蕎麦 金魚」、最高に魚が美味くて安い居酒屋「かね吉」、エビフライが美味い老舗洋食店「キッチン きく」なんかもあります。


 この日は午後1時24分に到着。。。


喜久.JPG

 ここはワンタン麺が有名な町中華で、色々なメディアでも紹介されております。

 お店はご夫婦2人で切り盛り。奥さまは中国の方のようですよ。

 店内はカウンター6席に小上がりには4人用のテーブル席が2卓。。。

 ランチタイムには行列が出来るみたいですが、この時は店内待ちの3番目でした。



メニュー①.JPG

メニュー②.JPG

 町中華と言っても麺類がメインのようで、一品料理はほとんどありませんな。

 あとは、麺類、半炒飯、餃子を組み合わせたセット物が充実しています。



 さて、本日のご注文は「海老ワンタン麺・半炒飯セット(1,050円)」です


半チャーハン.JPG
半炒飯

 先に半炒飯が出て来ましたよ。

 それにしても、サイズがぜんぜんハーフじゃありません(笑)

 しっかり1人前あります。  (^_^; アハハ…



半炒飯のアップ.JPG

 具は、チャーシュー、ハム、玉子、ねぎ。

 しっとり系とパラパラ系のちょうど中間的な炒飯でつ。



半炒飯.JPG

 味はやや濃いめながら全体的に纏まっていて美味しい!!

 特に具材であるチャーシューが良い仕事をしています。

 『チャーシューが美味いとチャーハンも美味いの法則』は、ここでもしっかり証明されました(笑)


 そして、炒飯を食べ終わったとほぼ同時に海老ワンタン麺の登場!!


海老ワンタン麺.JPG
海老ワンタン麺

 ここのキラーコンテンツがこの海老ワンタン麺なんですねぇ~

 海老ワンタンの他には、メンマと刻みねぎがトッピングされています。



エビワンタン.JPG

 海老ワンタンは全部で6個。

 これはよくある町中華のワンタンとは全く別物ですね。



海老ワンタンのアップ.JPG

 ワンタンの皮は厚め。

 ワンタン1個に1尾の海老が入っています。

 この海老がプリップリで実に美味しいぃ~♪  ヾ( ´ー`)/



海老ワンタン麺のスープ.JPG

 スープはちょっと変わっていて、淡い色のあっさり醤油味。

 まるで、塩ラーメンかと思うくらい色が薄いでつ。

 ただ、味自体が薄わけではなく、出汁もしっかり出ています。

 ニンニクの風味もあり、不思議な感じのスープですね。



喜久で使っている麺.JPG

 麺はピロピロの平打ち縮れ麺。

 手打ち麺っぽくてコシもあり、のど越しも良いですよ。

 麺の量は普通かな。



海老ワンタン.JPG

 麺と海老ワンタンを交互にいただき、その合間にスープを啜る。。。

 いやぁ~、至福のひと時ですな。  (>▽<)b OK!!

◆今回紹介したお店の情報(地図)

喜久 | ぐるなび

関連ランキング:ラーメン | 北浦和駅南与野駅