下赤塚「やきとり良太」(6回目) コスパの良い庶民的な焼鳥屋さんは鳥刺しも絶品

 訪問日 令和元年9月6日 金曜日


 今回のベストショット


鳥刺し.JPG


 でっつ‼(爆)  ( ´ ▽ ` )ノ


 この日は呑み仲間3人で安くて美味しい焼鳥屋さん「やきとり良太」に行くことになりましたよ。


 お店の場所は東武東上線の下赤塚駅北口から3分程、東京メトロ有楽町線の地下鉄赤塚駅から4分程のところですね。

 この近辺には、伝説のラーメン店「土佐っ子」のDNAを受け継ぐ「じょっぱりラーメン」、板橋屈指の有名中華「芝蘭 本店」、美味しいフランスパンとべーグルの店「BOULANGERIE Ken」、希少部位が格安で食べられるホルモン焼き屋「牛じろう」なんかもあります。


 この日は午後5時58分に到着。。。


やきとり良太.JPG

 相変わらず大人気の焼鳥屋さん。。。

 予約も取り辛いのですが、今回は1週間前の電話で運良く取れました。

 店内はカウンター7席の他、2人用テーブル席が2卓とかなり狭いでつ。



 ではでは、いつもの・・・


 お疲れちゃ~ん‼  ∀(≧∇≦)


やきとり良太で乾杯.JPG
生ビール(650円)

 ここ、残念ながらホッピーはありません。(ホッピーミーナ、ちょっとガッカリ。。。)



卯の花.JPG
お通し

 お通しは卯の花ですね。

 こんにゃく、シメジ、三つ葉が入っております。



鳥刺し.JPG
鳥刺し(600円)

 大山鶏のササミで、ノーマルな物と海苔で巻かれた物の盛り合せ。

 大山鶏のササミはしっかりした旨みがあり、白髪ねぎと一緒に食べるとさらに美味しいでつ。

 しかし、盛り付けも綺麗ですよねぇ。



つくね.JPG
つくね(200円)

 美味しいんだけど、以前とは何かが違う。。。

 う~ん、何だろう???

 ここのつくねの最大の特長は生から焼くことによる肉汁だったんだけど、以前よりジューシーさが無い気がするなぁ。



背皮.JPG
背皮(180円)

 背中側の皮なのかな?
 
 でも、皮だけではなくお肉もたっぷり!!



 ここで、レモンサワーにチェ~ンジ‼

(* ̄ー ̄)ノ彡☆ ピッ!


ジンロ.JPG
真露(ボトル 2,800円)

 3人いるのでジンロをボトルで注文!!

 タンサン(200円)、レモン(100円)、(0円)も貰い、レモンサワーにして呑みます。

 全員呑んべいなので、焼酎ボトル1本くらいは軽く空きます(笑) f^_^;



おび.JPG
おび(値段は忘れちゃったww)

 本数限定のおびがあったので、すぐに押さえました。

 あまり聞き慣れない部位だと思いますが、これはモモ肉の中心部。。。

 弾力のある筋肉とカリカリの皮を同時に味わえる贅沢な1本でつ。



手羽先.JPG
手羽先(180円)

 よく丸のまま串打ちして出すお店がありますが、ここは丁寧に捌いてから串打ちしていますので、非常に食べ易いですよ。

 皮の部分はパリパリ♪ お肉はジューシー♪

 いやぁ~、堪りませんな!!  (´~`;)



かしわ.JPG
かしわ(180円)

 お店によっては”正肉”とも呼ばれておりますが、要はモモ肉でつ。

 ほど良い弾力があり、脂も乗っていますよ。

 まさに焼鳥の王道のネタと言えるでしょう。



なんこつ.JPG
なんこつ(180円)

 ここのなんこつは約1年半ぶりに食べましたが、これも以前と変わりました。

 これに関しては一目瞭然に肉の部分が減っている。。。

 まぁ、いろいろな諸事情があるのでしょうが、以前のなんこつが衝撃的だっただけにちょっと残念ですねぇ。

 これはコストの問題なのかな? それとも仕入れ先が変わったとか?


 今回、久しぶりに来て、つくねなんこつの変化に少し動揺したものの、全体的にはいまだに安いし、美味しいし、レベルは相当なものだと思います。

 マスターは体調を崩されて暫くお店を休んでいた時期もあるし、あまり無理をせずに続けて行って貰いたいですね。

 これは個人的な考えですが、もう、テイクアウト用の焼鳥を止めてもいいんじゃないかな。

 手間が掛かるわりに薄利でしょうし、マスターにかかる負担も相当なものでしょう。

 あっ、こんなこと書くとまずいかな(汗)  (^_^; アハハ…

 ◆今回紹介したお店の情報(地図)

やきとり良太 | ぐるなび

関連ランキング:焼き鳥 | 下赤塚駅地下鉄赤塚駅