浮間舟渡「やきとん 松月」 地元客で賑わう昭和な居酒屋でもつ焼きとホッピー

 訪問日 平成31年3月8日 金曜日


 今回のベストショット


もつ焼き(塩).JPG


 でっつ‼(爆)  ( ´ ▽ ` )ノ


 この日は毎月1回の医者の日なので、早く医者が終わっても会社には戻りません。

 じゃあ、家に真っ直ぐ帰るのか?

 いやいやいや、呑んで帰るんですよ。ボッチ呑み(一人ぼっちの吞み会)でつ。

 で、今回は以前から目を付けていたもつ焼き屋さん「やきとん 松月」に行ってみることにしましたよ。


 お店の場所はJR埼京線の浮間舟渡駅から10分程のところですね。

 意外とこの近辺は隠れた名店が多くて、町中華の「中華 珍々亭」や呑める定食屋「定食の店 しん」などがあります。


 この日は午後4時57分に到着。。。


やきとん松月.JPG

 このお店は午後4時からやっているんですよねぇ。

 それにしても最近は日が伸びて、午後5時でもまだ明るい。

 なんか、明るいうちから呑むのも悪くないですな。


松月の店内.JPG

 お店に入ると、ご主人とその奥様らしき女性が元気な声でお出迎え。

 お~っ、店内は見事に昭和!! もうすぐ平成も終わっちゃうんだけどねぇ。

 そして、まだ、5時前だというのに、すでに数名の先輩方数名が楽しそうに呑んでいらっしゃる。



松月のカウンター.JPG

 私は空いている二の字型カウンターの真ん中辺りに腰を下ろします。

 このカウンター、白木で出来ていて良い感じですよ。



松月のお座敷.JPG

 後ろを振り返ると、なんと、お座敷まである。  (; ̄O ̄) おぉー

 聞くところによると、カウンターとお座敷で25席あるそうでつ。



 ではでは、いつもの・・・


 お疲れちゃ~ん‼  ∀(≧∇≦)


松月で乾杯.JPG
黒ホッピー(400円)

 ここ、ホッピーあります。(ホッピーミーナ、大喜び♪)

 しかし、夕日が差し込むカウンターで呑むホッピーは最高っスねぇ~ww  (^_^; アハハ…



もつ煮込み.JPG
もつ煮込み(値段不明)

 具は、豚の白もつ、大根、コンニャク、ネギで、ボリューム満点!!

 そして、スープは白味噌仕立てですよ。



もつ煮込みの脂.JPG

 大根は味がシミシミ。白もつは脂がたっぷり♪  ヾ( ´ー`)/

 はっきり言って、ここのもつ煮はレベルが高い。



お代わりの焼酎.JPG
ナカ(値段不明)

 で、ナカ(焼酎)のおかわり。

 最初のホッピーでナカ2回おかわりできますよ。



もつ焼き(たれ).JPG
つくね、レバー、シロ(各1本 100円)

 つくねは鶏つくねで、外はカリッと中はふっくら。

 レバーは昔風によく焼きだけど、決して焼き過ぎではないところがいい。

 シロはカリカリでもなく、柔らかいわけでもないですが、程ほどに噛み応えがあって悪くはない。

 キク脂が一片付いているのが、なんとも嬉しいですな。
 
 タレは良い塩梅にとろみがあり、甘過ぎずバランスの取れた物で、わりと好みでつ。



もつ焼き(塩).JPG
軟骨、ハツ、カシラ(各1本 100円)

 こちらは塩で焼いて貰いました。

 軟骨は硬いが脂が乗っており、塩の塩梅も良いでつ。

 ハツはジュシーで柔らか。

 カシラもジューシーですね。赤身の肉を食っているという感じがします。



酎ハイ.JPG
酎ハイ(350円)

 で、いつものようにドンドン呑んじゃうわけですよ(笑)  (^_^; アハハ…



ジャガカレーチーズ.JPG
ジャガカレーチーズ(500円)

 何気なくメニューを見ていましたら、こんな物を見つけてしまいました。

(* ̄∇ ̄*) エヘヘ



ジャガカレーチーズの中のジャガイモ.JPG

 カレーの中にはジャガイモまるまる1個と豚肉と玉葱。

 ジャガイモはかなりデカいですよ。

 カレー自体は家庭で食べるようなカレーですが、これがけっこう辛い!! f^_^;

 食べていると汗が噴き出る感じ(笑)



ライス.JPG
ごはん(値段不明)

 で、ジャガカレーチーズを食べていたら、どうしてもご飯が欲しくなり、あるか聞いてみるとあると言う。

 こりゃ、頼まんわけにいかんでしょ!!



カレーライス.JPG

 で、半分残したカレーをご飯にかけちゃう♪  (>▽<)b OK!!

 これは酎ハイにもピッタリだ(笑)



夜のやきとん松月.JPG

 飲み終わって外に出てみると、しっかり夜の扉が降りているのでした。

(宣伝:『食べログ』に参加しています。)

 ◆今回紹介したお店の情報(地図)

関連ランキング:焼きとん | 浮間舟渡駅北赤羽駅