神保町「仙臺」 色が黒い!!激ウマ欧風のカツカレーを大盛りで。

 訪問日 平成31年1月5日 土曜日


 今回のベストショット


カツカレー大盛り.JPG


 でっつ‼(爆)  ( ´ ▽ ` )ノ


 この日は土曜日でつ!!  ヾ( ´ー`)/

 というと、そう、趣味のお散歩(ウォーキング)の日ですね。

 で、今回は前から気になっていたカレーが美味しい洋食屋さん「仙臺(せんだい)」でランチを食べて、その後、地元の大山駅まで歩くことにしました。

 距離はだいたい8キロちょっとですね。

 まぁ、お散歩としては丁度いい感じかな。


 お店の場所は、都営地下鉄三田線、新宿線及び、東京メトロ半蔵門線の神保町駅A4出口から6分程のところですよ。


 この日はお昼の12時58分に到着。。。


仙臺.JPG

 パッと見はラーメン屋さんっぽい佇まいですね。

 お店はご夫婦で切り盛りされているようで、席はカウンターのみ17席。

 割りとゆったり座れます。



ランチメニュー.JPG

 ランチメニューはこんな感じ

 一応、洋食屋さんですがお昼はカレー中心になります。

 しかし、ポークカレーチキンカレーが450円って凄い!!



夜のメニュー.JPG

 そして、夜メニューは魅惑の品がゾロゾロと・・・ (@ ̄ρ ̄@) タラァ~

 お酒もあります♪

 あぁ~、牛たんシチューで一杯やりてぇ~♪  O(≧▽≦)O



 さて、本日のご注文は「カツカレー」です あっ! 大盛りでね♪


カツカレー大盛り.JPG
カツカレー(680円)+大盛り(50円)

 初めての方はカレーが黒いのでビックリすると思います。

 同じ神保町には、やはり、黒いカツカレーで有名な「キッチン南海」もありますが、見た目自体かなり違いますね。

 今回、ご飯は大盛りにして貰いましたので、なかなかボリーミーでつ。

 ちなみに、ご飯は普通が300g、大盛り(+50円)が400g、特盛り(+100円)が500gになります。



カレーのルー.JPG

 カレーはいわゆる欧風カレーで、スパイス感と供にシチュー的な旨味を感じます。

 辛さは一般的な中辛。ただ、注文時に言うと辛口にもなるみたいですね。

 具は肉とマッシュルームが確認できました。



カツカレーのカツ.JPG

 カツ全体にカレーが掛けられているタイプ。

 カツに使用しているのは豚ロースのようで、厚みがあります。一瞬、ヒレ肉かと思っちゃいました。

 そして、カツは揚げ立てのサックサク。  (>▽<)b OK!!

 かなり良いラードを使っているのか、まるでバターのような風味がありますよ。



カツのアップ.JPG

 カレーとカツって何でこんなに合うんだろう!?

 まるで、昔の馬場猪木のタッグのよう(笑) (^_^; アハハ…

 ご飯も硬めに炊かれていい感じ♪

 これはさしずめラッシャー木村だろうか?(笑) (^_^; アハハ…

 中辛とはいえ、食べ進むうちに辛さがジワジワ来ますね。



福神漬け.JPG

 カウンター上には薬味の福神漬けもありますのでどうぞ。


 ここは夜も来たいけど、ランチでも頂けるえびめし(650円)やオムライス(750円)も実に気になるなぁ~

(宣伝:『食べログ』に参加しています。)

 ◆今回紹介したお店の情報(地図)

仙臺(せんだい) | ぐるなび

関連ランキング:シチュー | 神保町駅水道橋駅御茶ノ水駅