池袋「周黒鴨 大夫人」 辛い物好き必見!!本場中国の麻辣燙屋で好きな串を好きな数だけ

 訪問日 平成30年12月9日 日曜日


 今回のベストショット


麻辣燙の串物.JPG


 でっつ‼(爆)  ( ´ ▽ ` )ノ


 この日は呑み仲間4人で美味しい麻辣燙が食べられるお店「周黒鴨 大夫人」に4人で行くことになりましたよ。


 お店の場所はJR池袋駅北口から3分程のところですね。


 この日は午後5時59分に到着。。。


周黒鴨大夫人.JPG

 ここは11月(2018年)にオープンしたばかりの「周黒鴨」の日本での5号店。

 あの麻辣味のアヒルの首肉「鴨脖」(ヤーボー)で有名なお店ですよね。

 ただ、こちらは「鴨脖」よりも「麻辣燙」を前面に出した形の店舗になっております。



周黒鴨大夫人の入口.JPG

 このお店は1階から3階まで客席がありますが、各階のフロアは狭いでつ。

 そして、お店を切り盛りするのは中国の方々数人。。。

 その中で日本語がきちんと話せるのはたった1人でした(笑)  f^_^;



 ではでは、いつもの・・・


 お疲れちゃ~ん‼  ∀(≧∇≦)


周黒鴨大夫人で乾杯.JPG
ザ・モルツ 中瓶(470円)

 ここ、残念ながらホッピーは無いですねぇ。(ホッピーミーナ、ちょっとガッカリ。。。)



ヒマワリの種.JPG
ヒマワリナッツ(サービス?)

 お通しだかサービスだか分かりませんが、ヒマワリナッツが出て来ましたよ。

 ヒマワリの種は中身が少なくて食べにくいですが、慣れると簡単に殻から取り出せるようになります。

 これ、寡黙になって食べるので、ボッチ呑みにはいいんですよ。 f^_^;



麻辣燙のメニュー.JPG

 さて、今回我々の目的は麻辣燙(マーラータン)なのですが、そのシステムが少し分かり辛い。

 まずは鍋のスープを注文し、具は1階に並べてある物を好きなように取って来ます。(会計はまとめて後払い)

 スープは何種類かあるようで、1つのスープにつき222円。

 具は串に刺さった物が100円でお皿に入った物は300円になります。

 また、スープだけの注文は許されず、最低3本以上の串物を頼まなければなりません。

 ただ、スープを注文すると好きな麺が1人前無料で選べます。(この事実は後になって知ったので、この時は食べませんでした。メニューには書いてあるのに見落としました。)

 まぁ、よく分からなければ日本語のできる店員さんに聞きましょうww



具の冷蔵ケース①.JPG

 麻辣燙の具は1階の冷蔵ケースに並べられていますよ。

 先程もお話した通り、串に刺さった具は全て100円でつ。

 でも、なんで具をわざわざ串に刺すのか分かりませんが・・・。 (´~`;) う~ん



具の冷蔵ケース②.JPG

 しかし、その種類が凄いですよ。たぶん、軽く50種類は超えているじゃないですかね。

 よく見ると、日本でお馴染の物や見たことも聞いたことも無いヘンテコリンな物まで千差万別。

 一通り見るだけでも疲れちゃいます(笑)



串に刺さった具.JPG

 気に入った串はこのようにバットに入れて席まで持ち帰り、鍋に入れるんですねぇ。

 食べた後の串はお会計の際に本数を数えますので、捨てたり隠したりしちゃいけませんよ(笑)



タレのコーナー.JPG

 で、こちらが麻辣燙のタレのコーナーで、様々な調味料、スパイス、薬味などが置かれています。

 これは好きなように組み合わせて器1杯300円でつ。

 しかし、これだけあると、何を組み合わせて良いものやらさっぱりわからん。



調合したタレ.JPG

 そこで、日本語の分かる店員さん(女性)にお願いして、オーソドックスな物を作って貰いましたよ。

 これは、オイスターソース、ゴマ油、トウチ、マー油、ニンニク、万能ねぎ、パクチー、変な唐辛子を混ぜていましたね。

 でも、後から気づきましたが、麻辣スープで食べる場合はタレはいりません。白湯スープの場合は付けると美味しいのですが・・・。



麻辣燙.JPG

 今回、我々が頼んだ麻辣燙のスープは2種類。麻辣な基本的な物と白湯ですね。

 麻辣スープにはあらかじめ唐辛子とかナツメグのような物が入っていて、白湯スープにはキュウリやナツメグのような物が入っています。

 麻辣スープは辛さを選べますが、我々は中辛だったかな!?

 けっこう、辛かったですよ。  (´~`;)



麻辣燙の串物.JPG

 串物は、肉入り団子、ジャガイモ、レンコン、牛スジ、パイナップル肉巻き等など。

 100円均一ですが、お得感のある物とそうでない物がありますな。

 ジャガイモなんかはあきらかに高い!!でも、麻辣スープで食べるジャガイモは美味しいんですよねぇww



ラム肉.JPG
羊肉(ラム)1皿 300円

 ラム肉は絶対に外せませんな。 ( ̄  ̄)b

 はっきり言って、これだけじゃぶじゃぶ食べたい(笑)



肉入り団子.JPG

 麻辣燙にはつき物の怪しい肉入り団子。。。

 さつま揚げの中に何かのひき肉を入れた感じの物。

 う~ん、何の肉だろ??? あまり、深く考えちゃいけない気がする。 (^_^; アハハ…



牛スジ.JPG

 今回、一番美味しかったのがこの牛スジ。

 適度に味が染みたタイミングが、ズバリ、食べ頃!!

 しかし、やっぱり割高感あるなぁ~



焼酎と炭酸.JPG
純(ボトル 1,800円?)

 焼酎をボトルで貰おうとするも、メニューに出ていた「ジンロ」が切れてて「純」になりました。でも、「純」はメニューに無いんですよね。

 あとは、氷(150円)と炭酸(300円)も貰います。

 できれば一緒にカットレモンも欲しかったのですが無いみたいな。というか、店員さんに話がよく伝わらないのでもう面倒臭くて(笑)
 
 今から思えば、お茶か烏龍茶ならあったのかな。



R0063351-4a.JPG

 2回目は、スパム、味付け手羽、帆立、ジャガイモ、厚揚げをゲット!!

 やはり、割高とは思っていてもジャガイモは外せません(笑) f^_^;

 味付け手羽は辛い!辛い!



デザート.JPG
デザート(サービス)

 サービスでデザートを出してくれましたよ。

 食べてみると、ゼリーに黒みつが掛かっていて、ナッツとレーズンが散らしてあります。
 
 それほど甘くなくて、けっこう美味しいですよ。


 池袋にはもう1軒「周黒鴨」(ツォヘイヤー)がありますが、そちらでは麻辣燙はやっていませんのでご注意を・・・。

(宣伝:『食べログ』に参加しています。)

 ◆今回紹介したお店の情報(地図)

関連ランキング:四川料理 | 池袋駅要町駅東池袋駅