中野「ぢどり屋」 串が刺さってない 九州風の炭火焼鳥で昼飲み

 訪問日 平成30年9月8日 土曜日


 今回のベストショット


炭火もも焼きハーフ.JPG



 でっつ‼(爆)  ( ´ ▽ ` )ノ



 この日は飲み仲間4人で、真昼間から中野界隈を飲み歩くことになった 愛の戦士 こうめタン。。。

 1軒目はタイ屋台 999で美味しいタイ料理を堪能致しました。

 そして、2軒目はいろいろ話し合った結果、九州風の鶏料理専門店「ぢどり屋」に決定でつ!!


 お店の場所はJR中央線の中野駅北口から3分程のところですよ。


 この日は午後2時11分に到着。。。


ぢどり屋の外観.JPG

 こちらは九州の鶏料理を得意とするお店で、博多の中州で40年やっているお店らしいでつ。

 今はローカルチェーンとして東京にいくつか支店がありますね。

 店内はテーブル席が34席に、カウンター席が6席と意外と大箱ですよ。


 土曜ということもあるのでしょうが、この時間でも結構お客さんで賑わっていますね。

 我々は空いているテーブル席へ案内して貰いました。



 ではでは、いつもの・・・


 お疲れちゃ~ん‼  ∀(≧∇≦)


ぢどり屋で乾杯.JPG
黒生ホッピー(390円)

 ここ、な、なんと、生ホッピーがあるんですよ!!(ホッピーミーナ、大喜び♪)

 しかも、黒生ホッピーまであります!!(ホッピーミーナ、軽く失神。。。)



店内の焼き場.JPG

 ちょうど、席から焼き場が見れるんですが、名物の炭火焼鳥を豪快に焼いていますねぇ~♪

 九州の焼鳥って串に刺さないで、炭火の網焼きなんですよね。

 この焼いているところを見ちゃうと頼まずにはいられません。



炭火たたきハーフ.JPG
炭火たたきハーフ(650円)

 炭火で軽く炙った親鶏に、たっぷりの刻みねぎとすり胡麻がかかっております。

 我々が普段食べているのは、ほとんどが若鶏(生後3ヶ月以内の鶏)で、親鶏は肉質は硬いですが旨みは濃厚でつ。

 ポン酢かニンニク醤油をかけて食べるのが現地流なんですが、我々は2種類のタレにツケツケしていただきました。

 個人的にはニンニク醤油がいいかなぁ~♪  O(≧▽≦)O

 ハーフサイズがあるのは嬉しいですな。



炭火もも焼きハーフ.JPG
炭火もも焼きハーフ(650円)

 たたきが美味しかったので、もも焼きも注文!!  ヾ( ´ー`)/

 こちらは鹿児島産の親鶏の腿肉を使用。

 焼き加減はミディアムで炭の香りが良いですねぇ~
 
 やはり、身が締まっていて多少硬く感じますが、確かに美味いでつ。

 これは柚子胡椒でいただきます。



ピリ辛もやしナムル.JPG
ピリ辛もやしナムル(290円)

 ちょっと箸休め的な物を注文。。。

 間にこういうサッパリ系が欲しくなる。  (* ̄∇ ̄*) エヘヘ



鶏皮パッパッ揚げ.JPG
鶏皮パッパッ揚げ(420円)

 で、再びガッツリ系(笑)

 一応、”パッパッ揚げ”と書きましたが、メニューの字が達筆過ぎて読めません(笑) もしかすると、”パサパサ揚げ”かも知れません(笑)

 お料理は鶏皮の唐揚げですね。

 鶏皮はカリカリに揚がっていて実に香ばしく、また、甘辛い醤油だれがクセになる味。

 上に掛かっている白い粉はガーリックパウダーでつ。



シークァーサーサワー.JPG
シークァーサーサワー(390円)

 最後にもう1杯だけシークァーサーサワーを飲んで、次のお店に移動することにしました。

 みんなで「次はどこのお店に行く?」とか相談しながら飲むお酒は楽しいし格別ですね。

 ◆今回紹介したお店の情報(地図)

ぢどり屋 中野店 | ぐるなび

関連ランキング:鳥料理 | 中野駅