本蓮沼「水連」穴場の町中華で半チャーハン+ラーメン。炒飯は板橋しっとり系で大満足。

 訪問日 平成30年3月25日 日曜日


 今回のベストショット


R0055522-2ax-1.JPG



 でっつ‼(爆)  ( ´ ▽ ` )ノ



 ちょうどお昼時に板橋区の本蓮沼付近におりました。

 で、この日は何だか町中華の気分。。。

 今流行りのラーメン専門店で魚介豚骨ラーメンっていうのも悪くないけど、どうも気分は昔ながらのあっさり醤油ラーメン。

 それにしっとり系の半チャーハンを付ける。

 うん、これ!これ!完璧だ!!(笑)

 ということで、辺りを見回すと、丁度そこには「中華料理 水連」という町中華のお店があるじゃあ~りませんかww

 何かピンと来るものがありましたので、この店に突入決定でつ!! ヾ( ´ー`)/


 お店の場所は都営地下鉄三田線の本蓮沼駅A2出口から3分程のところですよ。


R0055506-9ax.JPG

 赤い暖簾に白い文字で染め抜かれた『中華料理』の文字!!

 もう、いかにも昭和の町中華って感じですよね。


 店内は昭和の中華店としては平均的な広さで、カウンターとテーブル席が用意されております。

 お店はお年を召されたご夫婦で切り盛りしているみたいですよ。



水連のメニュー1.JPG


R0055507-4a.JPG

 メニューには町中華の一通りの物はありますね。

 あと、意外と言っては失礼ですが、本格的な中華もあるようでつ。



R0055509-6.JPG

 壁にもメニューがあります。



R0055510-4.JPG

 カレーライス(700円)にも惹かれますなww  (* ̄∇ ̄*) エヘヘ



 さて、本日のご注文は「半チャーハン+ラーメン」です


R0055512-4a.JPG
半チャーハン+ラーメン(680円)

 メニューを見ると、ラーメンは500円で炒飯は620円。

 炒飯はハーフサイズなので310円としても、普通810円じゃありませんか!?

 しかも、どこのお店でも半炒飯は割高になるんですよね。

 それなのに680円!!



 これ、おかしいだろ!!(笑)

(^_^; アハハ…



 これだと半炒飯が180円の計算になりますよ。

 こんなに安くしちゃって大丈夫なんですかね!?



R0055518-7a.JPG
ラーメン

 しっかり1人前の量があります。

 具は、チャーシュー、メンマ、ワカメ、刻みねぎ。

 若干メンマが多めですよ。



R0055525-6a.JPG

 麺は多加水麺で、硬過ぎず、柔らか過ぎず・・・。

 スープは昔ながらのあっさり醤油味。

 ただ、スッキリというより出汁からの雑味が感じられ、逆にそれがクセになりそう。

 

半炒飯.JPG
半炒飯

 半炒飯は若干オイリーでしっとりタイプですね。

 ただ、べチャッとはしていません。



R0055528-2a-1.JPG

 具は、チャーシュー、玉子、グリーンピース、ねぎ。

 チャーシューには甘辛い下味が付いていて、このチャーシューが炒飯を支えていると言えます。



 帰り際、あるお客さんと店のお母さんの会話が聞こえて来ました。

 お客さん さっき、隣の人が食べていたの、あれは何なの?

 お母さん あっ、あれ? あれね。「とり炒麺」っていうの。

 お客さん スゲー美味そうだった!!今度はアレ食べよ♪


 よし! 今度は私も「とり炒麺」(750円)食べよ(笑)  O(≧▽≦)O

 ◆今回紹介したお店の情報(地図)

関連ランキング:中華料理 | 本蓮沼駅志村坂上駅板橋本町駅