西川口「火焔山」(2回目)新疆ウイグル料理店で食べる激ウマ”羊肉串”と激辛”四川風煮込み”

 訪問日 平成30年3月3日 土曜日


 今回のベストショット


ラム肉の串焼き.JPG



 でっつ‼(爆)  ( ´ ▽ ` )ノ



 この日は中華の名店「蜃気楼」のマスターからお声掛け頂き、中国東北料理のお店「滕記熟食坊」に6人で行った 愛の戦士 こうめタン。。。

 滕記熟食坊では、古くから中国東北地方に伝わる郷土料理の鉄鍋焼豚の内臓料理をたらふく食べ堪能いたしました。(その時の記事


 「でも、このまま帰っちゃうのも惜しいよね。」ということになり、もう1軒、新疆ウイグル料理のお店「火焔山」に行くことにしましたよ。


 お店の場所はJR京浜東北線の西川口駅西口から6分程のところですね。


 この日は午後9時48分に到着。。。


火焔山の外観.JPG

 店舗はこの建物の2階にあります。

 ここは先程も申しましたが、中国の新疆ウイグル自治区のお料理を提供するお店。

 経営はもちろん、新疆ウイグル自治区の人がやっていますよ。

 ちゃんと日本語も通じます(笑)


 今回、予約無しで入れるか心配でしたが、時間が遅かったのもあり、なんとか入れました。



 ではでは、いつもの・・・


 お疲れちゃ~ん‼  ∀(≧∇≦)


ビームハイボール.JPG
ビームハイボール(380円)

 残念ながらホッピーはありません。(ホッピーミーナ、ちょっとガッカリ。。。)



ラム肉の串焼き.JPG
新疆風ラム肉の串焼き(1本 150円)

 火焔山の羊肉串は他店の物と比べると1串がデカいですよ。

 ラム肉はとてもジューシーで香辛料もバッチリ!!  (>▽<)b OK!!

 唐辛子、花椒、クミンなどがお肉にたっぷりと掛かっています。



麻辣水煮牛肉.JPG
牛肉の激辛四川風煮込み(麻辣水煮牛肉) 1,980円

 「蜃気楼」のマスター曰く、

 「えー! 頼むの? これ、ウイグルじゃないよー」


 う~ん、確かにメニューにも”四川風”と書いてある。。。

 でも、メンバーに約1名激辛好きがいまして、もう、止められる状態にはありませんでした(笑)



火焔山のメニュー.JPG

 〆に麺も注文することにしましたよ。

 メニューを見ると、皮帯面がありましたので、これを注文!!

 でも、日本語表記が”自家製きし麺”となww

 1軒目の滕記熟食坊みたいに日本語が書かれていないメニューも困るけど、ここのメニューはちょっとザックリ過ぎるだろ(笑)



自家製きしめん.JPG
自家製きし麺(皮帯面) 300円

 見た感じ、きし麺というより、ほうとうに近いかも知れませんね。

 かなり、幅がありますよ。



つけきし麺.JPG

 で、先程の牛肉の激辛四川風煮込みに麺を浸して、まるでつけ麺のようにして食べました(笑)

 でも、本来、現地ではこのようにして食べる事は無いそうでつ。

 麺自体は粘りがあり、モチモチして美味しいですよ。

 スープは激辛で私には手に負えません(笑)  f^_^;



レモンサワー.JPG
レモンサワー(380円)

 最後にレモンサワーを1杯いただいちゃいました。


 1! 2! 3!・・・

\(≧▽≦)O ダァー!!


レモンサワーだぁー.JPG


 ◆今回紹介したお店の情報(地図)

関連ランキング:中華料理 | 西川口駅