西川口「滕記熟食坊」(2回目)ここは日本じゃない!?中国人仕様の中国東北料店

 訪問日 平成30年3月3日 土曜日


 今回のベストショット


熏醤拼盘.JPG



 でっつ‼(爆)  ( ´ ▽ ` )ノ



 この日は中華の名店「蜃気楼」のマスターにお声掛け頂き、中国東北料理のお店「滕記熟食坊」に6人で行くことになりましたよ。


 お店の場所はJR京浜東北線の西川口駅西口から5分程のところですね。


 この日は午後6時26分に到着。。。


滕記熟食坊の入口.JPG

 お店の名前は”滕記熟食坊”と書いて「トウキジュクショクボウ」と読みます。

 ここは中国東北料理専門店で店員さんはすべて中国人。

 まぁ、中国料理店で店員すべてが中国人というのは別に珍しい事ではないですが、なんと、このお店の店員さんは日本語がほとんど通じません(爆)

 たった1人を除いては・・・  (^_^; アハハ…



テーブルの鉄鍋.JPG

 店内の各テーブルには直径60センチもの鉄鍋が埋め込まれています。

 これは滕記熟食坊(とうきじゅくしょくぼう)の看板メニュー「東北鉄鍋焼」の鍋なんですよ。



 我々は8人用のテーブル席に案内され、とりあえず飲物を注文しました。

 この日は日本語が話せる店員さんがいて、ちょっと安心(笑)  f^_^;



 ではでは、いつもの・・・


 お疲れちゃ~ん‼  ∀(≧∇≦)


滕記熟食坊でお疲れちゃん.JPG
アサヒスーパードライ(樽生) 中 450円

 ここ、ドリンクメニューは日本語なんですよ。

 まぁ、こんな状態のお店なので、ホッピーは当然ありませんww(ホッピーミーナ、ちょっと納得。。。)



中国語のメニュー.JPG

 料理のメニューはすべて中国語!!

 一切、日本語は書かれていません。

 しかも、中国漢字だから分かり辛い。。。

 もう、写真を指差して注文するしかないですね(笑)



熏醤拼盘.JPG
熏醤拼盘(1,280円)

 当然、読めません(笑)  (^_^; アハハ…

 どうやら、豚や牛の内臓を薫製醤油で味付けして蒸し上げたお料理のようですよ。

 これは、その盛合せになりますね。



熏醤拼盘のアップ.JPG

 内容は、カシラ肉、豚足、ハチノス、豚耳、豚舌、干し豆腐。

 微かに燻製っぽい香りがします。



熏醤拼盘のたれ.JPG
熏醤拼盘のたれ

 熏醤拼盘は特製のたれでいただきますよ。

 「蜃気楼」のマスターによると、醤油、酢、ニンニク、生姜を混ぜた物だそうでつ。

 さすが!!  ( ̄ー* ̄) ニヤリ



青島ビール.JPG
青島ビール 小瓶(500円)

 折角、中国人仕様のお店に来たのですから、青島ビールも呑んじゃいましょう!!



爽口土豆丝.JPG
爽口土豆丝(780円)

 これは漢字でなんとなく分かります。

 やかな当たりの土豆(ジャガイモ)の切りですよ(笑)

 まぁ、中国東北料理の定番”ジャガイモの細切り炒め”で間違いないかと・・・。

 ただ、味は独特で、酸味があり少し辛いでつ。



老虎菜.JPG
老虎菜(780円)

 これは、青唐辛子、パクチー、キュウリ、ネギを醤油味にした和え物。

 青唐辛子とパクチーのサラダでいいと思います。

 美味しいですが、えらく辛いww  (´~`;)



醤猪头肉.JPG
醤猪头肉(580円)

 豚のカシラ肉を薫製醤油で味付けして蒸し上げた物。

 先程の盛合せにも入っていましたね。

 これ、かなり美味しいですよ♪



麻辣鸭掌.JPG
麻辣鸭掌(500円)

 これ、アヒルの足でつ!!  (^_^; アハハ…

 アヒルの足の醤油煮!!  (^_^; アハハ…

 見た通り、食べるところは少ないですよ。

 クミンの風味が強く、けっこう辛い。



白酒.JPG
白酒(値段不明)

 蜃気楼のマスターが頼んだ白酒。。。

 メニューには出ていませんよ。

 アルコール度数は、なんと、56度!! 帰るまでに2本も空けちゃいました(笑)



東北鉄鍋焼.JPG

 そして、看板メニューの東北鉄鍋焼を注文しないとね。

 前回、东北农家炖(4,860円)というのを食べたので、今回は杀猪菜(4,680円)にしてみました。(前回の記事)

 日本語が出来る店員さんに聞くと、「チューゴクのモツ鍋!! 酸ッパクテ、日本人ニ人気アルヨ!!」という説明でつ。

 なんか、分かったような分からないような・・・  (´~`;)



油と薬味.JPG
油と薬味


鉄鍋焼の具材.JPG
具 材

 まずは、調味料や具材が運ばれて来ますよ。

 具は、酸菜(白菜の酢漬け)、血肠(豚血の腸詰)、大骨棒(豚のゲンコツ)、五花肉(豚バラ肉)、肥肠(豚の腸)、冻豆腐(凍り豆腐)、粉条(春雨)。

 調理はすべて店員さんがやってくれますので、我々はそれを見ながら呑んでいれば良いわけですね。



調理中.JPG

 まず、具と調味料を入れて軽く炒め、それから、玉米面饼子(トウモロコシのパン)の生地を鉄鍋に貼りつけ、蓋をして蒸し焼きにします。



蓋をした鉄鍋焼.JPG

 我々はそれを見ながら呑んでいるだけ。  (* ̄∇ ̄*) エヘヘ



鏡月ボトル.JPG
鏡月ボトル(ボトル 2,000円)

 鏡月もボトルで貰っちゃいましょうねww



杀猪菜.JPG

 で、暫くすると、良い感じに・・・。

 ただ、これで完成じゃありませんよ。

 ところで、1個、スープの中にパンが落ちちゃっています(笑)



血肠.JPG
血 肠

 血肠(豚血の腸詰)は最後に入れるんですねぇ~

 最初から入れると煮崩れするのかな!?



杀猪菜の全容.JPG
杀猪菜(4,680円)

 そして、杀猪菜の完成でつ!!  ヾ( ´ー`)/

 後日調べたのですが、この鍋料理、日本語に約すと「豚の屠殺鍋」になるらしいですね。

 中国東北地方に伝わる郷土料理みたいで、祝い事の時などに豚を〆て食べていたのでしょう。



鉄鍋に貼りついたパン.JPG

 パン(玉米面饼子)も蒸し上げりました♪



玉米面饼子.JPG
玉米面饼子

 このパンはトウモロコシの粉で作ったパンで、とても素朴な味がします。

 スープに浸して食べますよ。



豚の腸.JPG

 確かに、中国版の酸っぱいモツ煮だわ(笑)  f^_^;

 酸味は、酸菜(白菜の酢漬け。ザワークラウトみたい。)から出ているのでしょう。

 血肠(豚血の腸詰)はクセの無いレバーみたいですね。

 具の中では特に豚の腸が美味しいなぁ~♪



残った豚殺し鍋.JPG

 もう、美味しすぎて取り合いに・・・(笑)



酸菜肉水饺.JPG
酸菜肉水饺(780円)

 最後に酸菜(白菜の酢漬け)の水餃子を頼んでみましたよ。

 杀猪菜にも入っていましたよね。

 酸味が強いけど、サッパリして美味しいですよ。


 前回は鍋だけでしたが、今回はいろいろ食べられました。

 やはり、ここは4人~6人がベストだと思いますよ。

 ◆今回紹介したお店の情報(地図)

関連ランキング:中華料理 | 西川口駅