志村三丁目 酒蔵 新潟 その2

 訪問日 平成25年2月9日 土曜日

 この日は、呑み仲間のおはらんさんのお誕生日会に出席させて頂くことになりましたよ🆗


 会場となるお店は、あの「酒蔵 新潟」どぇーす☀ ヾ( ´ー`)/


 場所は都営三田線の志村三丁目駅から3分ほどのところですね。



 この日は午後6時51分に到着🏠


酒蔵新潟の店構え.JPG


 実はこの店、普通の居酒屋さんとはちょっと違うんですねぇ。

 普通の居酒屋さんメニューもあるんですが、ウリはなんと言っても鴨や猪などのマタギ料理(狩人料理)なんですよ⚡

 まぁ、フランス人の私はジビエなんて呼んでるんですけどね(爆) ← ツッコミどころ

 この店はマスターが現役のハンターなので、このようなマタギ料理を安く提供できる訳なんですよ。



 さてさて、皆さんが揃ったところで・・・


 おはらんさん、お誕生日おめでとちゃ~ん✨

∀(≧∇≦) かんぱいっ!



新潟でお疲れちゃん.JPG


 さすがに今回は「乾杯の写真を撮るので、乾杯の姿勢のままで10秒止まってて下さい。」とは言えなかった。。。💧

 お集まりになった方々は総勢で18名様だそうでつ。



酒蔵新潟のお通し.JPG
お通し


 お通しはミミガー💨

 でも、猪ではないですよ‼

 ブタのミミガーでつ。。。



新潟サラダ.JPG
新潟さらだ(500円)


 新潟さらだと言うんですが、どの辺が新潟なんでしょうかねぇ。

 個人的には、丸ごとのマッシュルームが何気に嬉しかったりするんですが・・・。



 で、熊鍋の登場~~~💣

ヘ(゚∀゚*)ノ へっ!!



 デ デ ~ ン ‼

酒蔵新潟の熊鍋.JPG
熊鍋(2人前 6,000円)


 前座の試合にいきなりメインイベンターが出てきてしまったといった感じですかね(笑)


煮えたぎった熊鍋.JPG


 具は、熊肉(赤身、脂身)、焼き豆腐、白菜、ねぎ、舞茸、えのき茸、春菊ですよ。


熊肉のアップ.JPG


 これが、熊の赤身肉と脂身ですね🎵

 肉は黒っぽく、硬いですよ。

 でも、これが野生動物の肉なんでしょうねぇ。


よそった熊鍋.JPG


 スープは塩味で昆布だしを利かせてます。

 以前、奥只見で熊汁を食べた時も、やはり、塩味でしたね。

 熊は脂身に独特のクセというか風味があり、この脂がスープに溶け込んで美味しくなるんですよ💨



 で、こちらが猪鍋ぇ~🎵

ヾ( ´ー`)/ ハ~イ



 ド ド ~ ン ‼

猪鍋の全容.JPG
猪鍋(1人前 1,700円)


 具は、だいたい熊鍋と同じですが、こちらにはシラタキが入ってますね。


猪鍋のアップ.JPG


 熊鍋の塩味に対して、こちらは味噌味ですよ💨

 ゴマ油が隠し味になってて、味噌ラーメンのスープのようですね。

 ちょっと濃厚ですが、旨いでつ‼


よそった猪鍋.JPG


 肉はブタとはまるっきり違います💥

 やはり、野生なので硬いですね。

 ブタは人間が食べるために改良したというのが良くわかりますよ。



 ここで、日本酒にチェ~ンジ‼

(* ̄ー ̄)ノ彡☆ ピッ!



八海山.JPG
八海山(値段不明)


 ここ、ホッピーはあるんですが、今回は注文しませんでしたww (ホッピーミーナ、激怒‼)



鹿刺し.jpg
鹿刺し(1,000円)


 厚切りにした鹿肉が10枚も付いてますよ💡

 にんにく醤油で食べるとタマランチ会長でつ。 ← ツッコミどころ

 さすがに鹿肉はクセがありませんね。



猪の串焼き.JPG
猪の串焼き(2本 600円)


 塩とタレと味噌があるんですが、今回は味噌味💨

 ちょっと、塩辛いかなぁ~。

 肉の旨みは濃厚ですよ。(ちょっと硬いけど・・・)



猪の唐揚げ.JPG
猪の唐揚げ(700円)


 こちらは肉が柔らかいです🎵

 何かに漬けて柔らかくしたんでしょうかねぇ。

 猪肉は串焼きより唐揚げの方が食べやすいですね。



いかの塩辛.JPG
塩辛(300円)


 自家製ですよ。

 黄色い点々は卸しゆずで、香りが爽やかになりますね。

 これ、ご飯が欲しくなりますよ。



〆のうどん.JPG


 〆は残った熊鍋のスープでうどんを頂きましたよ🆗

 このスープは雑炊にするより麺類が合いますね。


 このお店は本当に久しぶりだったんですが、随分メニューが変わりましたね。

 全体的に前より良くなりましたよ。


 <<関連記事>>

 ◆志村三丁目 酒蔵 新潟
 ◆志村三丁目 酒蔵 新潟 <<予告編>>


 店  名:酒蔵 新潟
 住  所:東京都板橋区志村3-28-1(地図
 T E L :03-6783-1968
 営業時間:18:00~23:00
 定 休 日:日曜、祝日

 

この記事へのコメント

  • しぼ犬

    今回は 野趣溢れる獣肉にてお誕生日会ですか 良いですね~ 両国のももんじや思い出しましたが 肉はやはり硬いですか? 実は犬は食わず嫌い 熊や猪は匂いが?と思っていますが こうめさんの日記読んで考え方変わりそう♪
    八海山で堪能したいものです
    因みに…塩辛の下り 当初熊か猪の塩辛と思い 思わず犬(汗)
    2013年03月02日 10:34
  • こうめ

    ◆必殺仕事人さん
    猫ひろしではなく、猫たろうですよ(笑)
    確かに、今は旅なんて言いませんよね。
    旅行ですよね。
    2013年03月03日 14:11
  • こうめ

    ◆東練家末裔十八代目深爪アンリ(安芸派専属モデル)さん
    猫たろう君は港区在住なんですかねぇ。
    以前送られて来たmixiのメールでは、下赤塚のむつみ団地付近に住んでるということでしたが・・・。
    とにかく、今、彼ご本人を各方面に連絡して調べて頂いております。
    いろいろ被害者も多数出ているようですし、何とかしないといけませんよね。
    あと、猫たろう君のブログ、今現在、コンメントを受け付けない設定に変えたようです。
    こちらから、過激な読者さんが彼のブログに何か書き込んでご迷惑をかけたのではないかと心配してるんですよねぇ(笑)
    2013年03月03日 14:24
  • こうめ

    ◆しぼ犬さん
    両国のももんじやさんもマタギ料理出してますよね。
    でも、たしか、ここの倍くらい高いと思いました。
    野生動物は人に食べられるようにはなっていませんので、どうしても豚などと比べると肉が固いですよね。
    まぁ、話の種としては面白いと思います。
    2013年03月03日 14:30
  • こうめ

    ◆ピンクのつなぎさん
    ブログはメジャーだとか人気とかではないと思いますよ。
    本人の趣味というか生活の糧、一部ではないでしょうか。
    それだけに、意味の無い誹謗中傷は止めて頂きたいのです。
    彼がどういう人間かは知れませんが、こういう行為は止めて真っ当な人生を送って頂きたいと思っております。
    2013年03月03日 14:39