志村坂上 チュニジア料理 ブラッスリー ジェルバ

 訪問日 平成22年12月22日 水曜日

 最近、板橋のお店の記事を書いていません💢

 よく、「もう、板橋のお店は書き尽くしちゃったんでしょう?」と言われるんですが、そんな事もないんですよぉ~。

 では、なぜ、板橋ネタが最近減ったのか⁉

 それは・・・


 たまたま、板橋で飲み会をやらなかっただけで~す💣

ヾ( ´ー`)/ ハ~イ



 ということで、今回は歴史研究家の沼田先生をお誘いして、都内でも珍しいチュニジア料理のお店「ブラッスリー ジェルバ」で忘年会と洒落こむことにしましたよ。


 場所は都営地下鉄三田線の志村坂上駅から3分ほどのところですよ。


 
 この日は午後7時30分に到着🏠


ブラッスリー ジェルバ.JPG


 お店の外観は、少し地味ですね。

 店内はテーブル席のみです。

 お店を切り盛りしているのは、たぶん、オーナーであろう日本人の女性の方ですが、お料理はチュニジアの女性二人が作っていますよ。



 お店に入り、席に着き・・・

 やっぱり、初めの1杯はルービーでしょ⁉ってことになりまして・・・

 ではでは、いつもの・・・


 お疲れちゃ~ん🍺  ∀(≧∇≦)


ビールでお疲れちゃん.JPG



チュニジアのビール セルティア.JPG
セルティア250ml(500円)


 セルティアはチュニジアのビールで、少し軽い感じのビールですね。


サラダ・チュニジアン.JPG
サラダ・チュニジアン(800円)


 トマト、きゅうり、パプリカ、にんじん、玉ねぎを刻んで、オリーブオイルのドレッシングで合えたサラダですね。

 特にドレッシングが美味しくて、思わずもう一皿頼もうかと真剣に悩んでしまいましたよ💨


ブリック.JPG

ブリックを切ったところ.JPG
ブリック(700円)


 セモリナ粉を使って作った皮は、パリッパリで、揚げた湯葉に食感が似ていますよ。

 この皮を作れる料理人はチュニジアでも少ないそうです。

 中身は玉子がメインで、イタリアンパセリ等が入っていますよ。

 シナモンの香りがいいですね🆗


ケフタのアップ.JPG
ケフタ(900円)


 一言で言えば、ラム肉のハンバーグです💡

 いろんなスパイスが練りこんであり、独特の風味がありますね。

 肉は粗挽きなので、肉の食感が生きてますよ。



 ここで、赤ワインにチェ~ンジ‼

(* ̄ー ̄)ノ彡☆ ピッ!



チュニジアの赤ワイン.JPG
シディ・サード 2006(ボトル 2,600円)


 やはり、チュニジア料理にはチュニジアのワインですよ‼


 ということで・・・

 ふたたび・・・


 お疲れちゃ~ん🍸  ∀(≧∇≦)


シディ・サードで乾杯.JPG


 赤ですが、ミディアムボディーで渋みがありませんので、大変呑み易いです。

 一応、このシディ・サードが、このお店のハウスワインだそうですよ🚩

 ワインはその他にも、いろいろと揃ってますね。


とりのムスリ.JPG

とりのムスリのアップ.JPG
とりのムスリ(1,280円)



 見て下さい‼ このボリューム💨


 鶏のムスリは、このお店のキラーメニューなんです✨


ヾ(@^(∞)^@)ノ ブヒィ~



 鶏の半身を各種スパイスにつけ込んで、いろんな野菜と供に蒸し焼きにしたお料理なんですよぉ~🎵

 鶏の旨みとスパイスの香りが、ジャガイモやキャベツによく染み込んでますね。

 また、辛い料理なんですが、辛さは自由に選べますよ。

 注文してから1時間ほどかかりますので、最初に注文しておくことをお勧めします。


クスクス・レジューム.JPG

クスクス・レギュームのアップ.JPG
クスクス・レギューム(1,100円)


 野菜のクスクスです。

 今までクスクスを食べて、あまり、美味しいと思ったことはないんですが、ここのは本当に美味しいですよ🎵

 お店の方に伺ったところ、クスクスはスープで蒸し上げるとおっしゃってましたねぇ。

 好みで、蒸し上げた時のスープと辛子(チュニジアの豆板醤のような物)を混ぜて食べても美味しいですよ💡

 クスクスは全体的にトマト味です。


 しかし、このお店は何度でも行きたくなるお店ですねぇ~。


 <<関連記事>>

 ◆志村坂上 ブラッスリージェルバ その2



 ◆今回紹介したお店の情報(地図・予約)

ブラッスリージェルバ | ホットペッパーグルメ