志村三丁目 酒蔵 新潟

 訪問日 平成21年11月28日 土曜日

 この日は呑み仲間8人でマタギ料理がウリの居酒屋さん「酒蔵 新潟」に行くことになりましたよ。


 場所は都営三田線の志村三丁目駅から3分ほどのところですね。



 この日は午後6時に到着。


酒蔵 新潟の外観.jpg


 このお店はマスターがマタギ(ハンター)で、狩猟で獲れた物を出すお店なんですよねぇ。

 もちろん、普通の居酒屋メニューもあるのですが、やはり看板メニューはジビエ料理です。


酒蔵 新潟の看板.jpg



 しかし、野獣という表現はぶっ飛びますよ!!

(^_^; アハハ…


 
 店内は古びた山小屋風で、熊や狸の剥製や毛皮が飾ってありますよ。



 それでは、皆様方・・・


 お疲れちゃ~んビール ∀(≧∇≦)


お疲れちゃ~ん.jpg


 今回、飲み物の写真を撮り忘れちゃいました。。。 (トホホ・・・)


いかの塩辛.jpg
塩辛(300円)


 野獣の塩辛ですexclamation×2 (うそww)


 本当はいかの塩辛です(笑)

 マスターの手作りですよ。

 市販品と違って身がデカイです。

 塩辛に入っている黄色い物はゆずの皮を卸した物ですね。


豆腐サラダ.jpg
豆腐サラダ(300円)


 真ん中の黒い物はわかめです。

 豆腐まるまる1丁使ってますね。

 ごまドレッシングが掛かってますよ。


鹿刺し.jpg
鹿刺し(800円)


 これで1人前です。

 10切れほど付いてますよ。


鹿刺しのアップ.jpg


 鹿刺しは浜松の「富久竹」でも食べましたが、あの時は1,500円でしたからね。

 こちらはこれで800円という安さ。

 臭みの無い上質の赤身肉ですよ。

 卸しにんにくで食べると最高です。


とりの唐揚げ.jpg
唐揚げ(500円)


 野獣の唐揚げです!! (うそww)


 鶏のから揚げです(笑)

 これはごく普通の唐揚げですよ。


 
 そして、

 今回のメイン料理です!!


鴨鍋.jpg

鴨鍋のアップ.jpg
鴨鍋 2人前(3,000円)


 醤油仕立てのスープですね。

 鍋には鴨肉、ねぎ、白菜、春菊、椎茸、舞茸が入っていますよ。

 薬味としてゆずが入っており、これが一層深みのある味にしていますね。


鴨鍋の中の鴨肉.jpg


 今回使用した鴨肉はカルガモで、モチモチとした歯ごたえがあり、脂も合鴨よりスッキリしていますね。

 鴨の美味しい脂で野菜も一層美味しくなります。


煮えたぎる鍋.jpg

〆のうどん.jpg


 最後はうどんを入れますよ。

 鴨鍋の美味しいスープが染みたうどんは最高です。

 お腹がいっぱいでも入っちゃいますね。


お新香.jpg
お新香(300円)


 お新香は普通です(笑)


 このお店は外れメニューもありますので注意が必要ですよ。

 今度は猪鍋が食べた~い♪


 <<関連記事>>

 ◆志村三丁目 酒蔵 新潟 その2
 ◆志村三丁目 酒蔵 新潟 <<予告編>>


 住  所:東京都板橋区志村3-28-1(地図
 T E L :03-3969-1968
 営業時間:18:00~23:00
 定 休 日:日曜、祝日